忍者ブログ
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


POWER PUSH

世界に誇る国産ミュージカル!


超カワイイ広報さんのブログ!


不定期放送中!
(・∀・)スンスンスーン♪

個人的宣伝リンク

タイヤならタイヤガーデン大垣。
Google

外壁塗装
最新コメント
[01/31 KC_Nut]
[01/30 CRACK]
[10/22 ルクト]
[09/18 crack]
[09/17 sazagon]
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょいす!

ドリームキャストで『セガラリー2』や『PSO』を一緒に遊んでた人達は、今頃なにをやっているだろう。

ゲームキューブで『PSO ep1&2』を一緒に遊んでいた人達は、今頃なにをやっているだろう。

Xbox360で『CoD』シリーズを一緒に遊びまくてった人達は、今頃なにをやっているだろう。

そして。

WiiUで『ドラクエ10』を一緒に遊んでいた人達は、今頃なにをやっているだろう。

…っつーワケで。

去年の11月辺りに『ドラクエ10』を引退してました。

ゲームなんだし「飽きたから遊ばなくなった」ってのは、別段珍しくも無い至極自然な流れなんですけど、オンラインゲームとなるとちょっと感じが違ってくる。

一緒に遊んでいた人達がテレビ画面の向こうに存在しているので、遊ばなくなるというのは彼らとの別れでもありまして。

ゲームとは言え、やっぱ人と人とのコミュニケーションがあったりするし、

仲間と一緒にレアアイテムをGETして喜んだり、ものすごく強いBOSSにボッコボコにされて打ちひしがれたり。

楽しかった時も悔しかった時も一緒だった仲間なので、ゲームをやめる=仲間と別れるのは結構つらいものがあります。

しかし、人は出会いと別れを繰り返して成長するもの。

もっとも…自分はまったく成長しておりませんが。

興味が移るのは仕方が無い。人間だもの。

いつまでもみんなと一緒に居られるなんて事は無いんだ。

――――――――

8年くらい続けていたブログをいよいよ更新しなくなった。

最初の6年間くらいはほぼ毎日更新していた。

今振り返ってみると、ホントすげえと思う。

我ながらビックリするわ。

ちょっと読み返してみると…

その当時の考え方とかが文面から伝わってきてなんか楽しい。

一人称が「俺」ってなってる辺りは こっ恥ずかしい。

2009年5月8日(金)の記事では、デミオさんの「来年マイチェン」というニュースに触れつつも、スバルの「R1」が欲しいと書いている。

基本的にゲームネタが中心のブログだったんだけど、

ここ数年でめっきりゲームで遊ばなくなっちゃって、ブログに書く事が無くなっちゃってた。

デミオさんを購入してからは、クルマ熱が再燃して「みんカラ」に登録。

クルマネタは「みんカラ」で…ゲームネタはブログに書こう…というスタイルで行こうと思ったけど、前述のようにゲームで遊ばないものだからゲームネタも無く、結果的にブログを放置しまくり状態になっていた。

こうして、ゲームからクルマに興味が移り、ブログを見に来てくれていた人達を残したまま、「みんカラ」を続けております。


http://minkara.carview.co.jp/userid/1545112/blog/



CX-5さんを購入し、最初の1年で”予定”していた完成形に近づけた。

エクステリアはもう手を付けないつもり。

インテリアをちょこちょこ質感アップしていきたいなとは思ってるけど、感覚的にはもうイジリ終わった感じになっている…。

そして、また僕は興味がどこかに移る日が来るのだろうか。

またこれまでのような自分勝手な別れが訪れるのだろうか。

この繰り返しの果てに…一体なにが残るのだろう。

拍手[4回]

PR

ちょいす。

先日、CX-5さんの1年点検を終えてきました。

基本的な整備だけならそこまでお金は掛からなかったんだけど、

今回は、車高調を半年前に装着していたので、

そいつの為の四輪アライメントをやってもらいまして。

トータルで約3万円くらい掛かってしまった。

今月金無いっちゅーに。

アライメントのレポートを見せてくれました。

トーとかキャンバーとかキャスターとか…

「ふむふむ…なるほどね…あーーコレがこうなってね、うん」

…とか分かったフリをしてたけど、ぶっちゃけ全く分からん。

なんすかキングピンって。初めて聞いたわ。

変速ショックのアレを改善するヤツも同時にお願いしたら、

パーツが届かないということで、こちらはまた後日。

アクセサリーランプのLEDバルブは、

ディーラーで不具合(チカチカ)の再現はされなかったものの、

1年保証以内なので快く無償交換で対応してくれました。

ディーラーのみなさんその節は本当に……ざっす!

―――――――――

ところで。

先日、地元の某所で…所謂「ヤン車」って言うんですか?

その類いのクルマを…実は初めて目の当たりにした。

中学2年の頃とかに雑誌で見た事があった程度で、

それ以降全く目にする機会も無く、

この派手なヤン車は本当に走っているのだろうか。

実は架空の作り物…悪ふざけなんじゃないのか。

そんな感じのまま歳を重ねて今に至るんだけど…

まさかこの歳になって初めて実物を見れるとは思わなかった。

我々がオフ会で利用するハズの駐車エリアに無断侵入。

そしてかなりの台数で無断占拠。

迷惑行為であり、それは誉められた事では無いんだけど…

そのヤン車たちを目の当たりにした時…

「チャンプロードだ!」と、心の中でテンション上がってた。

厳密にはチャンプロードという雑誌はバイク雑誌なのかもしれないけど、

思わず咄嗟に「チャンプロード」という言葉が出てきてしまった。

なんでだろう。

とにかく、21世紀のこのご時世に実在していたのが嬉しかった。

中学2年生の頃をなんか思い出した。

珍しく…とても貴重な光景をしばらく眺めていたかったけど、

雨が降ってきた影響なのか、

チャンプロード達は続々と帰っていく感じになった。

こういうクルマ達って、もうかなり古いんですよね。

所謂「旧車」と呼ばれるクルマ達なんだけど…

なんか、ベニヤ板みたいなリップやリヤっぱねとか…

竹のように太陽に向かって成長した細長いマフラーとか…

正直言ってしまえば、ものすごくカッコ悪い。

いや、自分が中学2年だったら少しはカッコいいと思ったかもしれないけど。

旧車を綺麗に維持して乗っていればものすごくカッコいいのに。

クルマの改造の方向性は人それぞれだとは思うけど、

さすがにコレはちょっと勿体ないっつーか、クルマが可哀想っつーか。

チャンプロード達が帰る時。

排気音がものすごくうるさかった。

「ブオン!ブオン!」…というよりも、

「ブベベベベン!ブベベベベン!」って感じだった。

これは、あれでしょ?珍走団がやるあれでしょ?

うるさいのは一種のステータスなんでしょ?

チャンプロード達の間で車検通らない自慢大会を毎回やってるんでしょ?

…とは思ったんだけど、

あまりにもうるさいというか…なんか必死な感じが伺えて、

これはもしかして…と、

「あれは…アクセルを拭かして無いとエンジンが停まっちゃうんですか?」

と、思わずオフ会参加者の方に質問したけど、

どうやらやっぱり目立ちたいだけだったようだ。

なぜあんなにも必死な感じに見えてしまったのか…

なぜあんなにも悲壮感に溢れていたのか。

チャンプロード達が存在していたハズの昭和の時代よりも、

遥かに燃料代が高くなってきているというのに、

あれだけ無駄にエンジンを拭かせるのはスゴいな。羽振りがいいな。

ドライバーも、よく見たら中学2年生では無い感じだったし、

いい大人達だったからそこそこ経済力はあるんですかねやっぱ。

あと、排気が物凄く臭かった。

臭いんだけど…どこか懐かしいというか。

小学校の頃…嗅いだかな?気のせいかな?

なんか、高度経済成長期ってこういう匂いだったのかなと思った。

チャンプロード達がぞろぞろと公道に出る時、

ある一台のクルマが、反対車線に斜めにクルマを停めて

一般車の交通の流れを遮断させておいて…

チャンプロード達が滞り無くぞろぞろと帰って行った。

明らかな道路交通法違反なんだけど、

なんか「あ、そういうコトね」と、妙に納得。

あーいう感じのクルマだし、まぁ交通ルールは守らないわな。

プリウスなんかが暴走してるとすげー叩かれるけど、

チャンプロード達が違反してても妙に納得出来るっていいなぁ。

得してるな。

旧車の状態とか燃料代とかご近所の目とか…

余計なお世話かもしれないけど、なんか心配しちゃう。

でも、絶滅していたと思われていたモノが初めて見れて、

やっぱりちょっと嬉しかった。

それに。

いい歳して、あんなクソカッコ悪いクルマに乗れる、

少年(中学2年辺り)のような心を持ち続けているのは羨ましい。

やっぱ、男はいつまで経っても少年で居たいっすからね。

見習わなければ。

拍手[1回]

ちょいす。

先日、弟の家に遊びに行ってきまして。

嫁さんと娘2人、家族4人で暮らしております。

あとチワワも一匹。

弟もハマっている『モンスト』をいろいろ教えてあげたり、

嫁さんが奮闘中のホームページ作りもアドバイスしたり。

ただ「ホームページビルダー」を使った事が無いんで、

ほとんどアドバイスなんて出来なかったけども。

Windows標準の「メモ帳」だけで、

手打ちWEBサイトを作ってきた世代なので、

最近の作成支援ソフトとか逆に不便で分かり難いわい。

夕ご飯もごちそうになった。

家族で食卓を囲ってご飯を食べるって…

なんかいいなぁと思った。

…結婚したろうかしら。

弟の家に行く道中、グリーンのデミオさんとずっと併走してた。

やっぱりいい色だわーースピリティッドグリーンメタリック。

「わ」ナンバーのレンタカーだったけど、

なんか同じ色って事で、向こうもチラチラ意識してた。

――――――――

■ガンダムのお話で恐縮です

自分、めっちゃガンダムが好きなんですけど、

基本「宇宙世紀」作品しか見ないっす。

ここ最近の、所謂「平成ガンダム」に興味を示さない、

典型的な懐古厨…オールドタイプでございます。

アムロが当時15歳であった事を棚に上げて、

「なんで子供がガンダムに乗って戦争に赴いてるんだ」

みたいな感じで、拒絶してしまう。

登場人物がみんな美少年だったり、

ガンダムがみんな線が細くて華奢だったり。

なんか違う感じがして見ようとはしないんだけど、

オススメされて見た『ガンダOO』なんかは、

結構夢中になって見ちゃったりしてたので、

結局おっさんの食わず嫌いだったりするワケですが。

それでもやっぱり最近のガンダムを進んで見ようとは思わず。

そんな中、以前放送していたと思われる

『ガンダムビルドファイターズ』という作品を目にした。

テレビ東京で放送されていたガンダムアニメで、

完全にキッズ層向けに製作されたもの。

舞台は近未来。

作ったガンプラ同士を持ち寄ってバトルする、

「ガンプラバトル」で世界一を目指す少年達の物語。

登場するガンダムがプラモデルだから、

過去の作品のガンダムとかもどんどん登場してくる。

別作品、別世代のモビルスーツが戦っている映像とか、

夢の対戦って感じでガンダムファンにはたまらないっす。

登場人物達はもちろんガンダムが好きだったりするので、

台詞の至るトコロにガンダムの名言なんかも散りばめられており、

その辺もめっちゃ笑える。

ランバ・ラルっぽいおじさんの「ラルさん」なんか、

完全にそのまんまって感じで笑えるし。(声優さんも同じ)

キッズ向けのアニメだけど、

オッサン世代も楽しめるような作りになっててめっちゃ楽しい。

『リーガルハイ』の2巻が相変わらずレンタルされないので、

実はちょっと前から『ガンダムビルドファイターズ』を借りており、

つい先日、全25話を見終わりました。

もーーーめちゃくちゃ面白かった。

ラストの展開とかめっちゃ熱かった。

少年も、元少年のおっさんもみんな熱くなれるわアレ。

こういう作品こそ、親子で楽しめると思った。

そして、すげー久々にガンプラを作りたくなった。

自分が最後に作ったガンプラは…ANA限定メガサイズガンダム。

4年前くらいか。

拍手[1回]

最安を見つけて購入!


楽天で探す
楽天市場
お越しやす


iTunes Store(Japan)

【サンワダイレクト】Paleta de Colores(パレタ・デ・コローレス)



デル株式会社


セガストア



Template by Crow's nest
------Copyright(c)2004-2011 16-BIT HAMMER all rights reserved.----
忍者ブログ [PR]