忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


POWER PUSH

世界に誇る国産ミュージカル!


超カワイイ広報さんのブログ!


不定期放送中!
(・∀・)スンスンスーン♪

個人的宣伝リンク

タイヤならタイヤガーデン大垣。
Google

外壁塗装
最新コメント
[01/31 KC_Nut]
[01/30 CRACK]
[10/22 ルクト]
[09/18 crack]
[09/17 sazagon]
ブログ内検索
カウンター
[2438]  [2437]  [2436]  [2435]  [2434]  [2433]  [2432]  [2431]  [2430]  [2429]  [2428
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょいす。

今日はいつものアレ。

東京は町田市で音楽座ミュージカル「ラブレター」を観てきました。

浅田次郎さんの短編小説が原作の新作ミュージカルって事で…

お芝居の合間に休憩を挟まない、公演時間がちょっと短めの作品。

まー、原作が短編だしな…と思いながら観てたけど、

内容は原作+αな内容だった。

さすがに物語の展開はテンポが良かった。

つーか、良すぎた。

これ、すぐ終わるんじゃね?と思ったけど、

原作にない+αの部分が…ちょっとだけ続いた。

なんか蛇足的な感じで…。

いつもより短い作品なんだから、

もっと原作の伝えたい部分を丁寧に描いて欲しかったっつーか。

無理矢理、先の大震災と絡める必要も無いし、

劇中でもそこまで重要なファクターでも無かったし。

現代の若者にメッセージ!…みたいなのを押し出そうとして

結局サトシの物語になっちまってたし。

主人公の1人である、日本で働く中国人「パイラン」の出番が、

予想以上に少なかった。

冒頭から「死んだ」というコトにはなってたけども、

手紙のシーンと併せて生前の様子を明るく元気に描いて欲しかった。

みんなから愛されていた、というのは登場人物のセリフで多少聞かれたけども、

もっとここは観客と一緒に共有するべきトコだったんじゃないかな!

パイラン役の美羽あさひさんはめちゃくちゃ綺麗な人だし、

透き通るような素晴らしい歌声だったのに…なんかもったいない。

もっともっと観たかった。

イヤらしい話、生前を明るく元気に描いておけば、

ラストシーン(手前)の遺体と対面して手紙を読むシーンで、

観客の涙を誘いまくってたと思うのになー。

もったいない!

(この手法だと、遠藤周作さん原作『泣かないで』とカブるかもしれんけど)

前述のサトシ。

主人公の1人「吾郎」に付き添う事になる若者なんだけど、

この役には音楽座初参加の、益山武明さん。

銀魂等のアニメや映画の吹き替えをやってる声優さんなんだけど、

この作品のオーディションに合格して舞台に出演。

この人、めちゃくちゃ良かった。

唄って踊って…というのはほとんど無い役なんだけど、

演技力っつーか、表現力が素晴らしい。

映画の吹き替えじゃなくて、この人自信が映画に出た方がいいと思う。

益山さんももっと観たい役者さんっす!

他の役者さんもさすがに良かったですけども。

やっぱり個人的に応援してる兼崎さんが一番かな!

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
最安を見つけて購入!


楽天で探す
楽天市場
お越しやす


iTunes Store(Japan)

【サンワダイレクト】Paleta de Colores(パレタ・デ・コローレス)



デル株式会社


セガストア



Template by Crow's nest
------Copyright(c)2004-2011 16-BIT HAMMER all rights reserved.----
忍者ブログ [PR]